組織概要

沿革

安城市社会福祉協議会のあゆみをご紹介いたします。

安城市社協に関係する主なできごと
戦後まもなく 安城町公共事業協会の発足
1950 昭和25 安城町社会福祉協会の発足
1957 昭和32 愛の灯資金の開始(県下初)
1968 昭和43 安城市社協法人化
1969 昭和44 安城善意銀行(当時は安城市善意銀行)設立
1980 昭和55 会員規程・収納規程の制定
1981 昭和56 安城市が障害者福祉都市の指定
文化センターの開館(社協事務所の移転)
1984 昭和59 第1回福祉まつりの開催
1986 昭和61 市役所北庁舎の完成(社協事務所の移転)
1987 昭和62 乳酸菌飲料の宅配事業の開始
1989 平成元年 安城市善意銀行が社会福祉協議会の傘下に入る(安城善意銀行に名称を変更)
福祉のまちづくりイメージソング「ひとりじゃないんだわたしたち」作成
1991 平成3 総合福祉センターの開館(社協事務所の移転)
各種受託事業の開始
事業・指導係の設置
機関紙「ふくしのまち安城」発行
1992 平成4 老人給食サービスの開始
1994 平成6 安城市老人保健福祉計画(あんジョイプラン)策定
ホームヘルパー派遣事業の受託
ボランティア相談の開始
ボランティア活動事業の指定(〜1996)
ボランティア情報紙「はぁ〜とふる」発行
1996 平成8 安城市福祉事業団の設立
・施設サービス→事業団
・在宅福祉サービス→社協
庶務・在宅福祉係の設置
地域福祉活動計画書(第一次)「ふれあいネットワークプラン21」策定
一般会員の募集開始(町内会に協力を依頼)
1997 平成9 地区社協の設置(桜井・東山)
ふれあいサービスセンター開設
1998 平成10 地域係の設置
地区社協の設置(作野・西部)
サービスセンター機関紙「ハートン」発行
1999 平成11 社会福祉会館の開館(社協事務所の移転)
中央在宅介護支援センター(基幹型)の受託
地区社協の設置(明祥・安祥)
2000 平成12 地区社協の設置(中央・中部)
介護保険制度の居宅介護支援事業と訪問介護事業を実施
福祉サービス利用援助事業の受託
2001 平成13 福祉サービス苦情解決体制の整備
2002 平成14 離職者資金貸付事業の実施
精神障害者へのホームヘルパー派遣事業の受託
2003 平成15 福祉法律相談の実施
支援費制度のホームヘルパー派遣事業を実施
地域福祉活動計画(第二次)の策定
2004 平成16 中央地区社協が「人にやさしい街づくり賞」を受賞
母子家庭等日常生活支援事業の受託
障害者ケアマネジメント事業の受託
2005 平成17 育児支援家庭訪問事業の受託
2006 平成18 地域包括支援センターの受託 福祉介助サービスの開始
2008 平成20 在宅介護支援センター南部の開設
桜井福祉センターオープンに伴い桜井地区社協移転
中部福祉センターオープンに伴い中部地区社協移転
中部地域包括支援センターの受託
安城市と安城市地域福祉計画の合同策定
2009 平成21 安城市福祉事業団との統合
広報紙「あんじょう社協だより」発行
2010 平成22 安城市社協基盤強化計画策定
2011 平成23 成年後見事業の開始
2013 平成25 安祥福祉センターオープンに伴い安祥地区社協移転
安城市基盤強化計画第一次評価改訂版策定
安城市と安城市地域福祉計画の合同策定
障害児相談支援事業所・特定相談支援事業所の開設
2015 平成27 基幹包括支援センターの受託
地域包括支援センターの受託対象地域変更(篠目、安城南、安祥、明祥中学校区)
生活支援体制整備事業(生活支援コーディネーター)の受託
2017年04月01日
  • 前へ
  • TOP
  • 次へ