10月1日から、全国一斉に赤い羽根共同募金運動が開始されています。  安城市共同募金委員会でも、様々な活動を行っています。すでに実施した募金運動の活動報告を掲載しました。  ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。  令和5年3月末まで運動期間は続きますので、引き続きご協力をお願いいたします。     【活動報告】  ・第39回福祉まつり共同募金コーナー R4.10.2  ・街頭募金 R4.10.3-5  ・赤松町内会コスモスまつり R4.10.15     令和4年度活動報告      
 赤い羽根共同募金として、令和5年度1月4日(水)から「子どもが安心して暮らせる地域づくりのために」をテーマに募金活動を開始します。  詳しくは、「子どもが安心して暮らせる地域づくり」募金のページをご覧ください。   「子どもが安心して暮らせる地域づくり」募金    
 日本赤十字社では、令和4年台風第15号災害による義援金を受け付けております。 なお、皆さま方からお寄せいただきました義援金は、被災地の方々の生活を支援するため、下記のとおり被災都道府県が設置する義援金配分委員会へ全額をお送りします。 また、義援金の募集については、被災都道府県の判断によるものであり、日本赤十字社はその判断に基づき、受付を実施しています。 現在の配分先:静岡県   義援金
 2022年6月以降、モンスーンがもたらした例年の10倍以上もの降雨により、パキスタンのバロチスタン州、シンド州、カイバル・パクトゥンクワ州、パンジャーブ州で大洪水が発生しました。この数十年で最悪とされる洪水が同国を危機的状況に追い込み、9月2日時点で子どもを含む1,200人以上の死者が報告され、3,300万人以上が被災、50万人以上が救援キャンプで生活していると推測されていますが、被災地への道路が寸断され、全容はつかめておらず、被害状況はさらに深刻であることも懸念されています。  日本赤十字社は、この度のパキスタン洪水被害による人道危機を受け、国際赤十字が実施する救援活動を支援するため、「2022年パキスタン洪水救援金」の募集を開始いたしました。現地の被災者に少しでも多くの支援を届けるため、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。   救援金
みなさまからの、心あたたまる善意ありがとうございます。 8月分受付順/敬称略 富光園▷西三商業協同組合▷安城南高校ボランティア部▷安城市赤十字奉仕団▷中村富士子▷匿名
   日本赤十字社では、令和4年8月3日からの大雨災害による義援金を受け付けております。  なお、皆さま方からお寄せいただきました義援金は、被災地の方々の生活を支援するため、被災都道府県が設置する義援金配分委員会へ全額をお送りします。  また、義援金の募集については、被災都道府県の判断によるものであり、日本赤十字社はその判断に基づき、受付を実施しています。 皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。    山形県、石川県、新潟県、福井県、青森県  義援金  
 日本赤十字社愛知県支部安城市地区及び安城善意銀行(安城市社会福祉協議会内)では、災害によって住家が、全壊や半壊、床上浸水した人に対し救援物資を配布しています。 災害見舞品の配布案内 【問い合わせ】  日本赤十字社愛知県支部安城市地区事務局・安城善意銀行(安城市社会福祉協議会内)  電話0566-77-2941    
    日本赤十字社では、令和4年7月14日からの大雨災害による義援金を受け付けております。 なお、皆さま方からお寄せいただきました義援金は、被災地の方々の生活を支援するため、被災都道府県が設置する義援金配分委員会へ全額をお送りします。 また、義援金の募集については、被災都道府県の判断によるものであり、日本赤十字社はその判断に基づき、受付を実施しています。     皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。   義援金         
みなさまからの、心あたたまる善意ありがとうございます。 7月分受付順/敬称略 ㈱東海石油▷二本木公民館利用者▷ピアゴ福釜店▷アピタ安城南店▷明祥プラザ利用者▷ピアゴラフーズコア三河安城店▷古井神社▷岡谷鋼機㈱安城支店▷ピアゴ東栄店▷㈱イノアックコーポレーション▷富光園▷㈱アイシン▷西三商業協同組合▷㈱デンソーエスアイ▷中村富士子